朝立ちが起こらないのはEDの始まり?

朝立ちが起こらないのはEDの始まり?

朝立ちはごくありふれた男性の生理現象

男性の中で朝起きたときにペニスが勃起していて前が痛くなった経験を持っている人は多いでしょう。
このような朝目覚めたときに勃起している現象のことをよく朝立ちといいます。

 

朝立ちの経験のある人の中には、恥ずかしいことだと思っている人もいるでしょう。
通常勃起は性的な興奮・刺激を受けることによって起こります。
しかし朝立ちはあくまでも生理現象であって、意識的な勃起とは違った現象です。
ですから別にスケベな夢を見ていたからなどとは一切関係なく、恥ずかしいと思う必要は一切ありません。
むしろ朝立ちをするかどうかは男性にとって、重要な意味合いを持ちます

朝立ちは大事!

男性である以上、勃起を催すことは当たり前のことです。

 

例えば仕事が忙しくて恋人と会う時間がない・奥さんとゆっくり過ごすことができずにセックスをしばらくしていない人がいたとします。
忙しいのでオナニーをする暇も精神的な余裕もなかったとします。
すると長期間にわたって、ペニスが勃起しない状況になります。
ペニスは長時間勃起しない状況が続くと、筋肉が弾力性を失ってしまいます。
するとペニスの周辺にある血管に血液が流れ込んできにくくなります。
血液が流れ込みにくくなれば、酸素も十分に供給されなくなります。
その結果、細胞組織はどんどん老化してしまいます。

 

朝立ちはこのような勃起をしばらくしていないペニスを生理現象として強引に勃起させる意味合いがあります
そしてペニスの硬直化・細胞の老化を防いでいるのです。

 

朝立ちのメカニズムはどのような感じ?

朝立ちとはあくまでも一般的に呼ばれる俗称です。
実は医学用語として朝立ちの現象を表した言葉があります。
夜間陰茎勃起現象」というのが医学の世界における正式名称です。
朝に起きる現象なのに「夜間」というのはおかしな感じがするかもしれません。
しかし皆さんは気が付いていないだけで、眠っているときに何度も勃起は起きているのです。

 

私たちは浅い眠りのレム睡眠と深い眠りであるノンレム睡眠を繰り返しているといわれています。
この中でもレム睡眠というのは体が休んでいる状態にあっても、脳は起きた状態とされています。
このレム睡眠中、特定の神経が刺激され勃起するのです。
つまり夜眠っている間に勃起は何度が起きているのです。
そして朝目が覚めた時、たまたまレム睡眠のゾーンに入っていると朝立ちの減少を自覚するわけです。

 

ちなみに特に病気などを抱えていない一般男性であれば、睡眠時勃起現象は一晩当たり4〜8回程度あると考えられています。
朝立ちを何度も繰り返すことによって、ペニスには血液がどんどん送られますし、筋肉のしなやかさも維持できるわけです。
男性機能を維持するためには、この朝立ちは大変重要な役割を担っているということもできます。

 

年齢とともに朝立ちを実感できなくなる理由

「若いころはしょっちゅう朝立ちをしていたけれども最近めっきりなくなった…これも老化現象なのか」と思っている中高年男子もいるかもしれません。
しかし朝立ちを実感しにくくなったのは、実際に勃起していないからと一概にいうことはできません。
先ほども触れたように、レム睡眠という浅い眠りの時に目覚めると勃起していることで朝立ちを実感します。
一方起きた時がノンレム睡眠の時間帯であれば、おそらくペニスは勃起していないでしょう。
どのタイミングで起床するかが、朝立ちを実感するかどうかを決める分かれ道なのです。
実はこのレム睡眠とノンレム睡眠の割合ですが、年齢によって変わってきます。
思春期の時には、レム睡眠が全睡眠時間の3割程度を占めます。
ところが60〜70代に差し掛かると全睡眠時間でレム睡眠の占める割合は2割程度にまでダウンします。
つまり年齢が上になればなるほど、レム睡眠の時に目覚める可能性は低くなります。
よって朝立ちを実感しにくくなるというだけで、眠っているときに何度か勃起している可能性が高いのです。

 

ちなみに不眠症をはじめとした睡眠障害に悩まされている人も多いでしょう。
睡眠障害のように睡眠の質が悪化してしまうと、朝立ちの回数が減少する可能性があります
しかし基本的には朝立ちをしているかどうかで、自分が男性機能に何らかの障害を持っているかどうか判断するのは簡単ではないです。

 

器質性勃起不全を知るきっかけになる可能性も

ただし一部例外があります。
例えば睡眠障害を起こしているわけではない、睡眠の質もはっきり低下しているわけではないけれども、夜間陰茎勃起現象が減少している人も見られます。
この場合にはEDの中でも身体的な障害・問題によって発症する器質性勃起不全の前兆となっている可能性があります。
この場合には、医療機関で検査をしてもらって、適正な治療を早めに受けたほうがいいでしょう。

 

器質性勃起不全ですが、いろいろな要素によって発症する可能性があります。
例えば糖尿病による末しょう神経障害の可能性もありますし、そのほかにも高血圧症や高脂血症といった生活習慣病が絡んでいることも考えられます。
いずれの生活習慣病も血管を傷つけ、動脈硬化を引き起こす危険性があります。
そのほかにも更年期障害が原因で器質性勃起不全を起こしている可能性も考えられます。
更年期障害といわれると中高年女性におこるものと思っている人もいるでしょう。
しかし男性も中高年に差し掛かると男性ホルモンの分泌が著しく低下して、更年期障害を引き起こすことがあります。
さらには外傷によって、男性機能に何らかの障害を及ぼすこともあります。

心因性勃起障害

もう一つのEDとして、心因性勃起障害があります。
この場合は原因に精神面があげられるEDです。

 

もし朝立ちは若いころと比較してあまり変わらずあるのに、セックスの時に勃起してくれない、挿入しても射精までいかずに萎えるいわゆる中折れの状況に陥ってしまうのであれば、心因性勃起障害を起こしている可能性があります。

 

心因性勃起障害を引き起こす原因としていろいろな可能性が考えられます。
ストレスを過剰にため込んでしまっているとか、パートナーと気持ちがずれてしまっていることによって発症する場合もあります。
またセックスの経験があまり多くない人の場合、いざ女性とベッドインする場合に過度に緊張してしまってなかなか勃起しないといったこともあります。
勃起障害が起きると同じようなことがまた起きてしまうのではないかと心配になり、どんどん悪化してしまうケースもあります。
このように朝立ちのあるなしや睡眠の状況によって、どのようなEDにかかっているかを知ることができます。

 

 

ちなみにEDにかかると、もはや女性とセックスすることなどできないと思ってしまう男性もいるかもしれません。
しかし器質性・心因性いずれも、医療機関で適切な治療を受ければ、男性機能を回復させることも十分可能です。
もしうえで紹介したことで「自分はEDにかかっているかもしれない」と心当たりのある人がいれば、医療機関で診察を受けることです。
EDのような下の問題に関して、医療機関で治療を受けるのは恥ずかしいと抵抗を感じる人もいるかもしれません。
しかし男性機能の問題は男性にとって、ゆゆしき問題のはずです。
ですから早めに医療機関を受診することが大事なのです。
医療機関でもEDに悩む男性のために、女性の看護師を近くに置かないようにする、予約制にしてほかの患者と院内で出会わないようにするなどの配慮をしています。
必要以上に心配することはないでしょう。

 

血流の問題や男性ホルモンの分泌が著しく低下しているなどの場合にはシトルリンやアルギニンのサプリを摂取してみるのも一つです。